スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイフとホーク

2015-03-20 | 02:23

d150320.gif

正直、初めて見た時は思わず「子供か!」とつぶやきそうになりましたが、検索してみると、もうしっかり大人と呼べる人達の文章中にもこの表記がありました。

[検索例]
  • ナイフとホークを使い、頭、上ヒレ、下ヒレを切り落とす。
  • 先ほどの店員に「ナイフとホーク無いの?」と云うと、「あ!すいません」とやっとナイフとホークをだして来ました。
  • ナイフとホークを使って食べる時の事を思い浮かべてみて下さい。ナイフは右手、ホークは左手に持たれる方が、多数だと思います。etc……

短い文章中に複数回「ホーク」が出てくる例もあり、単なるタイプミスとは異なりこういう言葉として覚えているのではないかと推測ができます。
また、検索結果の中に、昔の日本人はF の発音ができなかったのでフォークをホークと発音していたという記述がありなるほどと思いましたが、フォークと発音できなくても正しく覚えてさえいれば書くことは可能なので、ホークと書いてしまう理由にはならないと思います。
実際はうっかりミスも多いのかもしれませんが、中には“カミングアウト”している人もいました。

[検索例]
  • あと、『フォーク』だったんですね!『ホーク』だと思ってました。お恥ずかしい(>_<)笑!きゃーー
  • てかさっき突っ込まれたんだけど、わたしゎ二十年間フォーク をホークだと思っていました
  • 高校生のバイトが、『フォーク』を『ホーク』だと思っていた・・・etc……

世の中には今現在も“フォーク(fork)”を知らない人が意外に多く存在しているのかもしれません。

「ナイフとホーク」を知る為のgoogle検索。(本日現在 実質 201 件)


GLOBAL/グローバル ナイフ フォーク 包丁/ナイフGLOBAL/グローバル ナイフ フォーク 包丁/ナイフ

GLOBAL (グローバル)
売り上げランキング : 43431

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ナイフとフォークで冷奴ナイフとフォークで冷奴
清 ルミ

太陽出版 2008-10-30
売り上げランキング : 746666

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Comment

初めまして

初めまして。こんにちは。
こちらのブログをいつも楽しく拝見させていただいている者です。
実は、フリーで校正をやっておりまして、勝手に、楽しい勉強のひとつとさせていただいています。すみません。

「ホーク」で思い出した事がありまして、コメント致しました。
おそらく同じ理由(そういう言葉として覚えてしまっている)だと思うのですが、「フォロー」を「ホロー」と書いてしまう人もいるみたいです。
フォーク同様、字面で「アレ?」と思わないのは不思議な気もしますが、もしかしたら「外来語の表記のゆれ」(アイデアとアイディアのような)と勘違いしているのかもしれないですね。

  • 2015-03-20 | 23:32 |
  • しおん URL :
  • edit
No title

校正の仕事をされてる方に読んでいただけているなんて、嬉しくも恐縮してしまいます。
ホークとホロー。確かに間違い方は一緒ですね。どちらも耳でこのように聞こえてそのまま覚えてしまったのだと思います。
実はフォロー(ホロー)については以前このブログで「ホローしてくれて」というタイトルでエントリーを書いています。ブログ内検索すると出てきます。
書いたのがこのブログを始めた2004年ですので私自身ちょっと忘れかけていました。

また何かお気づきのことがありましたらコメントをいただけたら嬉しいです。ありがとうございました。

  • 2015-03-21 | 01:11 |
  • masahito URL :
  • edit

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。