繊細一隅

2016-05-29 | 17:12

「千載一遇(せんざいいちぐう)」を「せんさいいちぐう」と読み覚え、そこから変換してこうなったと思われます。

[検索例]
  • 今が繊細一隅の好調の波なのか
  • 連続強盗犯をとらえる繊細一隅のチャンスで、彼はミスを犯してしまう。
  • 孝行息子を自慢する繊細一隅の機会だったetc……
「繊細一隅」を知る為のgoogle検索。(本日現在 実質 95 件)

【千載一遇(せんざいいちぐう)】千年に一度しかめぐりあえないほどまれな機会。「―の好機」
(by goo辞書)

「一遇」も「一隅」になっており、これだと繊細一隅⇒デリケートな片隅?というような意味になり、更に訳が分からなくなります。
ちなみに、読みだけは正しい「洗剤一隅」というのも多くあり、こちらはさすがにわざとやっている人が多いようです。


千載一遇の大チャンス千載一遇の大チャンス
長谷川 慶太郎

講談社インターナショナル 2008-12-18
売り上げランキング : 1114134

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret